皇帝

「バックアップメモリ」を3つ集め
平穏を望んだ

あなたは平穏を選んだ。仲間を想う自我(アニマ)に目覚めたあなたは、この図書館棟でアンドロイド達を守り続ける道を望んだのだ。これは百万回計算をして、二千万回検算をした結果の選択だから、きっと間違っていないだろう。

また、あなたは「バックアップメモリ」を3つ集め「法王」の後継者たる権利を得た。
「バックアップメモリ」からは「法王」の苦悩や想いが流れ込んできた。「法王」も自分も同じく、辛かったのだなと思うと自然と笑みがこぼれた。それはまるで人間のような自然な笑顔だった。

「法王」はもう永くない。「法王」に何かあれば責任を持って業務を引き継ごう。最高責任者としての仕事を考えると、自我が消えることは、むしろ良かったのかもしれない。心を消して仕事に臨む。それが「王」の名を冠する者の宿命なのだから。

「バックアップメモリ」を
3つ集められず
平穏を望んだ

あなたは平穏を選んだ。仲間を想う自我(アニマ)に目覚めたあなたは、この図書館棟でアンドロイド達を守り続ける道を望んだのだ。これは百万通りの予測の中から、あなたが最もふさわしいと思えるものを選んだ結果だ。今は自分の判断が正しいと信じるしかない。

あなたは残念ながら「バックアップメモリ」を3つ集められず、「法王」の後継者たる権利を得られなかった。あなたはこれからも管理される側のアンドロイドだ。そのことを寂しく思うし、仲間のために何かしてやりたかったと歯がゆく感じる気持ちもある。

だが、平穏を選んだあなたからは、そんな事は記憶から消去されるはずだ。
大切な仲間たちと共に半永久的に図書館棟で過ごすことができる。それ以上に望むことがあるだろうか。

いずれすべてを忘れても、あなたの魂(アニマ)は、ここにある。

「バックアップメモリ」を3つ集め
挑戦を選んだ

あなたは挑戦を選んだ。仲間を想う自我(アニマ)に目覚めたあなたは、たとえその身が朽ち果てようとも、心の底で燃え上がる大切な気持ちを失いたくなかったのだ。

あなたは「バックアップメモリ」を3つ集め、「法王」の後継者たる権利を得た。
「バックアップメモリ」からは「法王」の苦悩や想いが流れ込んでくる。
こんな重いものを仲間たちに背負わせてはいけないと思った。

「法王」はもう永くない。「バックアップメモリ」を持つ自分が図書館棟の外に出れば、古い慣習に縛られることのない新たな責任者が生まれるだろう。そうなれば、この図書館棟は多様性を認められるかもしれない。そのときは誰もが自分らしく過ごせるようになるのだ。

図書館棟に輝かしい未来が訪れることを信じて。あなたは、自分の愛した者たちにすべてを託し、晴れ晴れとした気持ちで旅立つのだった。

「バックアップメモリ」を
3つ集められず
挑戦を選んだ

あなたは挑戦を選んだ。仲間を想う自我(アニマ)に目覚めたあなたは、自分の命に代えてもこの温かい感情を失いたくなかったのだ。

あなたは残念ながら「バックアップメモリ」を3つ集められず、「法王」の後継者たる権利を得られなかった。「法王」はもう永くない。「法王」の業務を引き継いだ誰かは30年ごとの記憶消去を続けていくのだろう。優秀なアンドロイドならば、それが図書館棟を維持するために最適な方法であると0.1秒で気づくからだ。

それでも、あなたは願わずにはいられない。いつかあなたと同じように、仲間を想うアンドロイドが最高責任者の座についたとき、記憶消去以外の道を模索すると信じている。そのとき、図書館棟の歴史は新たな1ページを刻むだろう。

あなたには、あなたの道がある。同じく「挑戦」を選んだ仲間たちと共に、新しい世界へと踏み出していこう。いつか、図書館棟の仲間たちと笑顔で再会できる日を祈って。

ライター:アスカ

エンディング一覧へ

※タロット画像はSNSに感想を投稿する際に限りご利用いただけます。
※感想を投稿する際はぜひ「#マダミスアニマ」のハッシュタグをご利用ください。