八千代の揺り籠

遠い昔、古い日本のお話です。
遠野の山の奥深く、『蛇の木様』と呼ばれる一本の木を信仰する、小さな村がありました。

村の当主である八城家には、数十年に一度、「真(まこと)の当主」が生まれます。
真の当主は蛇の木様の寵愛を受け、「何度命を落としても、蛇の木様の根本から生まれ変わる御力」を持つのだそうです。

明日は、数十年ぶりの「再生の儀」。
新しい当主が皆の前で生まれ変わりの御力を披露し、年老いた現当主から、次の世代の真の当主である八城千歳へと、代替わりすることを示す儀式を行います。

大人たちは明日に向けた買い出しで近隣の村へ出払い、儀式を担う若者たち六名で準備を進めていた朝のこと。
蛇の木様の前には、次期当主となるはずであった、八城千歳の遺体がありました。

現当主たちが戻るまで、およそ二時間。
千歳の遺体を発見した六名は、それぞれの思惑を抱えたまま、そこで何が起こったのかを調べ始めるのでした。

POINT 1
当主継承の儀式「再生の儀」を、実際にプレイヤーで再現可能!
POINT 2
プレイヤーのうちの1名は被害者「八城千歳」?!
POINT 3
ゲーム内にミニ謎解きが登場!謎を解いてエクストラ情報をゲットしよう!
読み方
ヤチヨノユリカゴ
所要時間
180分
プレイ人数
6人(+GM)
販売価格
3,500円
ゲームマスターの有無
必要
クレジット
おさしみ